topic

自販機業界における決済のトレンド

自販機業界における決済のトレンド


vending

技術の進歩や消費者の行動の変化…2020年も残りわずかとなりましたが、今後自販機業界に影響を与えるような、決済環境の大きな変化のトレンドは少なくありません。

新型コロナウイルスのパンデミックは、自販機業界を含む、ほぼ全てのビジネスにいろいろな形で影響を与えています。自販機の多くは、オフィスや公共スペースに置かれているわけですが、そういった場所では今年の初めから経済活動は停滞しています。テレワークとソーシャルディスタンスの影響です。

新型コロナウイルスも少しずつ落ち着きを見せ始め、日常が戻りつつあります。オフィスワークも再開し、人々も公の場に出かけるようになってきました。そういった場での自販機の利用も増えるのではという期待が持たれます。自販機を提供する企業は、顧客の安全のため念入りな安全策をとっています。自販機業界の最近の主なトレンドをご紹介しましょう。

キャッシュレス決済

クレジットカードやその他の支払い方法に移行する人々が増加し、現金の利用は減ってきてはいましたが、今回のコロナ禍でキャッシュレス利用の増加に拍車がかかったと言えるでしょう。実際ステイホーム期間中に、ATMの利用は11週連続で20%減少しました(米国)。反対に、ミシガン州立大が250,000台の自販機の18ヶ月間の利用を調査したところ、キャッシュレス機能を搭載した自販機は利用が26%増加しました。

多くの人が現金は「不潔」でコロナ感染の危険もあると感じ、触るのをためらったりします。顧客を安心させるために、自販機企業の多くは現金の扱いを当面廃止し、クレジットカードとコンタクトレス決済にのみ絞っています。

コンタクトレス決済

最近のMastercardの調査では、ワールドワイドで82%の回答者がコンタクトレス決済のほうが清潔と感じており、72%が感染が終結してもコンタクトレス決済を使い続けるとしています。自販機企業にとってこの調査結果は大きな意味を持ち、顧客への新たなサービス提供方法が求められています。

コンタクトレス決済は、クレジットカードやデビットカード、スマートフォンなど各種のRFIDやNFC(近距離無線通信)を利用するデバイスでセキュアな買い物が可能になります。購入者が手持ちの機器をコンタクトレスリーダにかざすだけで、決済が完了します。顧客の安全を守りながら、支払いにかかる時間を短縮できる、簡単で便利なソリューションです。

決済のセキュリティ

キャッシュレス決済の利用の普及に伴い、自販機企業は常に、顧客のカード情報を守るための最新のペイメント技術を追い求めています。EMVカードリーダとコンタクレス決済機器は、暗号化を行なってカードデータを守ります。暗号化技術の利用により、カード情報が決済端末に保持されることは無くなり、カード情報が盗まれる危険が大幅に低減しました。最新のセキュリティ技術を利用した決済ソリューションの導入により、信頼できる決済が可能となるのです。

音声コマンド

今や機械に話しかけるのも、全く普通の世の中になりました。SiriやAlexaのような音声コマンドのソフトを使えば、スマートフォンや住んでいる家とまでコミュニケーションを取ることができます。自販機でもそれが出来たら? 驚くことに、可能なのです。

自販機企業は、トレンドに乗ってこの同じ音声コマンドソフトを自社の機械に組み込み、顧客とのより良いやりとりをめざしています。一番重要なのは、コンタクトレスの決済を可能にすることです。ソフトウェアが挨拶をし、製品選択のアドバイスを行い、支払い手順を案内します。顧客とのエンゲージメントを築くだけでなく、顧客は「話す自販機」体験を楽しむこともできます。

デジタルディスプレイ機器

さらなる顧客エンゲージメントのために、機器の多くは新たなマーケティングの機会も提供しています。デジタルディスプレイは、決済デバイスですっかりお馴染みの機能になりました。広告にも、購入者への案内にも利用可能です。各企業は自販機に自社のデジタルコンテンツを表示し、それが新たな売上に繋がることを示してきました。ロゴをデジタル化し広告やコマーシャルを表示、または販売製品の栄養成分表示をまさにその販売端末上に表示することも可能です。

リモートメニュー

以前の記事(英語版)でも、直接自販機や決済端末に触れるより、「リモートメニュー」が顧客にとって望ましい方法になったという話をしました。自販機に触れることなく、離れたところから自分のスマホのアプリを操作して、製品を購入できるのです。

ID TECHの自販機向けソリューション

vp6300

VP6300

磁気・コンタクトIC・NFC対応マルチリーダ

ID TECHは、自販機向けに各種のセキュアな決済ソリューションを提供しています。例えば、VP6300は磁気ストライプ、EMV/コンタクトレスカード、NFCモバイル決済対応のセキュアなキャッシュレスソリューションに最適です。視認性が高いカラーデジタルディスプレイによるわかりやすいガイダンスに沿ってタップ、インサート、スワイプなどの操作をスムーズに行うことで、決済を完了することができます。MasterCard PayPass、Visa VCPS、American Express ExpressPay、Discover DPASなど多数に対応しています。

日本語版記事掲載 2020年10月26日