topic

交通業界のロイヤルティプログラムのトレンド

交通業界のロイヤルティプログラムのトレンド


loyalty trend in transit industry

最近の本サイトの記事の中で、モバイルや自販機の業界での決済のトレンドについて触れてきました。企業は最新のテクノロジーを活用して、競合他社に先んじようとしています。ここで、現在市場で多く活用されているロイヤルティプログラムを見ていきましょう。今回は交通業界にフォーカスします。

公共交通機関の利用者数は、米国全土で減少傾向にあります。米国公共交通協会(APTA)の調査によると、利用者は、公共交通の利用は従来ほど費用対効果が高く無く、マイカー利用より効率が悪いと感じています。交通各社はロイヤルティソリューションを活用して利用率を高め、顧客を呼び戻そうとしています。交通業界で最も導入されているロイヤルティソリューションは、以下のようなものがあります。

ポイント還元

KPMG(多国籍会計・コンサルティング会社)の調査によると、顧客の74%がポイントの付く購入先をあえて選ぶことが明らかになりました。そのため、交通公社も交通システムのインテグレータは、乗車回数、オフピークの利用、紹介プログラムに特典を付与するようなロイヤルティプログラムを導入しています。ポイントが貯まるとフリーのドリンクやギフト券、または無料での乗車として還元されます。こういった特典があると、顧客はポイントを早く貯めて引き換えようと考えるので、一つの会社を利用し続けようという気持ちを促進することができるのです。

ロケーション限定割引

Forbes誌の記事によると、成功しているロイヤルティプログラムには多くの共通点があります。まず、プログラムがわかりやすく、登録、ポイント取得、還元が簡単なことです。次に、プログラムの割引は、顧客ひとりひとり向けであるとともに、「限定的」、つまり特定の場所や時間帯においてのオファーのほうが良いということです。登録ユーザの位置情報を利用すれば、遅延や休止の情報も提供可能となります。

ゲーム要素の導入

ゲーム化(ゲーミフィケーション)は、利用者との交流の良い方法です。交通各社が、利用者との結びつきを深めるのに役に立ちます。交通業界での一番の目的は、利用者数を増やし、コストは増やさず、顧客をつなぎとめることです。この目的は、ゲーム化したアプリに今までに無い楽しみの要素を取り入れることによって実現可能です。

とても良い例が、アムステルダムの市営交通が導入した、市内のトラムの窓に貼ったモンスターのステッカーです。利用者は乗車中、ステッカーのモンスターが窓の外の通行人を食べているように記録します。10人以上食べることが出来たら、ご褒美がもらえるのです。

ID TECHのソリューション

pip

PiP

ロイヤルティプログラムをサポート、最新NFCイノベーション

詳細 >

ID TECHは、貴社のデジタルなロイヤルティプログラムに最新のテクノロジーを提供します。最新のタップアンドゴー技術により、顧客がプログラムの還元を受けて貴社ブランドとの結びつきを継続するのも簡単になってきています。Eコマース全盛の今日において、各社は新規顧客の獲得により市場シェアを拡大すべく競っています。ID TECHのデジタル技術によるロイヤルティソリューションを活用して、ブランドの認知と顧客のロイヤルティ、引いては市場のシェアを拡大しましょう。

当社の最新ロイヤルティソリューション製品「PiP」により、ユーザは、ポイントの還元を受けたり、ロイヤルティプログラムを一元化したり、スポーツイベントやコンサートに参加したりできるようになります。PiPは、Apple Pay VAS、Google Pay Smart Tap、MIFAREなどへの対応により、どんな業界でも活用可能です。PiPについての詳細は、製品ページをご覧ください。製品データシートもご用意しています。

日本語版記事掲載 2020年11月12日