topic

コンタクトレスペイメントの技術:重要な5つのポイント

コンタクトレスペイメントの技術:重要な5つのポイント


contacless

クレジットカードを使ったり、カードで支払を受けたりしたことがあれば、コンタクトレスペイメントについてはご存知でしょう。実際にお持ちのカードやスマートフォンで、最新のPOS機器を利用するタップアンドゴー対応のコンタクトレスシステムを使ったことがあるかもしれません。しかし、貴社のビジネスでこの新しい技術はもう導入済みでしょうか。もしまだであれば、またはこの機会に知識を得たいとお思いなら、ぜひ以下をお読みください。

EMV対応クレジットカードが磁気ストライプに替わってICチップの技術を採用した時、コンタクトレスペイメントの技術も使われ始めました。どのような技術かというと、無線周波と近距離無線通信(NFC)を使用してカード上の所有者情報を取得するのです。カードはアンテナを内蔵し、NFCを介してペイメント端末と通信します。まず気になるのは、そういった決済方法のセキュリティでしょう。以下に、この決済手段の安全性と、貴社のビジネスに適切かどうか判断できる情報を記載します。

1. コンタクトレスペイメント技術は時間を節約

タップアンドゴーは他のどんな方法と比べても、一番手軽で誰でも使いやすい支払い方法です。利用者は、カードを画面にタップして、口座情報を速やかに読み取らせるだけ。ICチップカードを差し込んだり、本人確認のために暗証番号を入力したりする必要もありません。

タップアンドゴー機能は、セルフサービスのキオスク端末でも利用できます。このシステムは、忙しいお客様に新たな利便性を提供できるでしょう。スピーディに買い物ができることは、忙しい顧客にとってお店のリピート来店の大きな理由となります。

クイックな買い物というだけでなく、ランチに出る時バッグを持たず財布を忘れても大丈夫というのはとても助かります。クレジットカード情報はトークンの形で、Google PayやApple Payなどのアプリに保存されているので、コンタクトレスでの支払いが簡単にできるのです。

2. 顧客サービスの向上

時短以外にも、コンタクトレスペイメントは新たな顧客サービスを可能にします。お客様は、現金、クレジットカード、デビットカードに加えて、コンタクレスペイメントの選択肢が増えるのです。

新たな支払い方法を選べるペイメント端末を導入することで、貴社が最新技術を取り入れていること、顧客が自分の銀行の提供するサービスも受けられるようになることをアピールできるのです。お客様の立場で考えれば、せっかくタップアンドゴー対応のカードを持っているのに使えないとしたら残念です。貴社のサービスで各種の決済方法がスムーズに使えれば、また利用しようと思うでしょう。

さらに、貴社のサービスで手軽なコンタクトレスペイメントを使えることがわかれば、リピートが望めるだけでなく、周囲の人々にもタップアンドゴーの利便性を語ってくれるかもしれません。 まだ導入していないお店も多いので、新規顧客の獲得にも役立つことになるでしょう。

3. セキュリティも万全

磁気ストライプやICチップリーダのような内部的な認証の機能を持たないにもかかわらず、EMVは積極的にこの決済手段を推進しました。従来より安全性が高まるからです。

磁気ストライプ仕様のクレジットカードと異なり、ICチップ技術は、カードの挿入やタップアンドゴーのいずれの場合でも、課金処理ごとに別の暗号化データを使用します。つまり、顧客が朝カフェラテを買ったときと、夜映画のチケットを買ったときのペイメントコードは違うのです。

この方法の目的は、磁気ストライプカードで行われていた、詐欺師がカード情報をコピーして口座情報を盗む手口を防ぐことです。コンタクトレスペイメントの技術では、カード情報が決済端末に保持されることはありません。磁気ストライプカード利用の際は、加盟店のサーバやデータベースに侵入され、保持されたクレジットカード番号を盗まれる危険がありました。

暗号化データは常に変更されるので、ハッカーはどんなコードが使われるか決済処理前に知る必要があり、それは現実的には不可能です。暗号コードは、端末間、銀行間でも変更されるからです。

利用者がタップアンドゴーで決済処理を行うと、カード上の口座番号は乱数を使ってデジタルトークンに変換されます。この番号はカードの番号とは関係ないので、コピーされ口座情報を盗まれることはありません。デジタルトークンは銀行間だけで共有され、小売店のシステムからはカード情報にアクセスできないのです。

4. コンタクトレスペイメントでより多くの顧客を獲得

コンタクトレスペイメント導入は貴社の評判をあげるだけでなく、支払い処理にかかる時間を短縮します。お客様がサインをしたり、暗証番号を入力したり、お釣りを返したりするのを待たずに、どんどんお客様の列に対応していくことができます。

決済時間の短縮は、顧客サービス向上という点だけではありません。せっかくショップに入店しても長蛇の列を見て帰ってしまうお客様が、確実に減るでしょう。

タップアンドゴー決済はモバイル端末でも利用できるので、より多くのお客様の出入りを捌くことができるようになります。レジから離れた場所で2つの商品で悩むお客様を接客している場合、決まり次第その場でお支払いを済ませて頂くことができます。レジの列に並ばなくても、買ったものをすぐ持って帰ることができるのです。

5. クラウドベースでもトラブルは起こりうる

コンタクレスペイメント技術と利用に関してはメリットがたくさんありますが、忘れてはならない大事なポイントが一つ、それは所詮、端末は機械だということです。 従来のEMV端末が磁気ストライプデータを読めないというトラブルも過去にあったと思います。今お使いの機器が正常に動作しなくなったり、 カード情報を読み取れない場合も起こりえます。

コンタクレスペイメント技術利用にあたり、トラブルを最小に止めるために大事なのは、ハードウェアとソフトウェアの適切なアップデートです。きちんとしたアップデートにより、バグが修正され、最新のプログラムが利用できるようになります。

通常のアップデートの他にも、想定しておかなければならないことがあります。気象要因で電源を喪失する場合もあります。 幸い、クラウドベースのストレージは荒天によりシステムがダウンしても、必要な情報をバックアップしておいてくれます しかし、末端の端末が使えない状況もありえます。ポータブルな端末であれば、ワイヤレスで動作します。充電されていれば、一定時間利用できるのです。 コンタクトレス決済端末であっても、据え置き型であれば、利用できないケースというのも出てくる恐れがあります。

contactless

いかがでしょうか。コンタクトレスペイメントを導入されますか?

常に変わりゆく技術にキャッチアップしつつ、お客様にも満足して頂くのはとても大変なことです。 若いお客様が多いなら、若者に便利な支払いツールを導入してみてはいかがでしょうか。

現金支払いを好むシニアのお客様が多いのであれば、コンタクトレスペイメント技術は不要かもしれません

いずれにしろ、いつかは普及する技術です。どんなものなのか、どういうケースで役に立つのかを知っておくのはよいことでしょう。 無人環境向けなどの各種決済端末にご興味があれば、ぜひ弊社にお問合せください。貴社のニーズを明らかにし、具体的にどんなペイメントソリューションが最適かを知るお手伝いをさせて頂きます。

ID TECH米国 元記事掲載日2019年11月7日